その他の西宮神社情報は>>


 兵庫県西宮市の年明けの最大の祭典と言えば、全国のえびす神社の総本社、西宮神社の「十日えびす」。阪神間だけじゃなく全国から例年100万人を超す参拝者で賑わうので有名ですね。毎年の恒例となりました、ゲッチュ!年初め最初の取材は、今年も西宮神社さんの「十日えびす 開門神事福男選び」でスタートです。

 1月9日〜11日の3日間、西宮神社の「十日えびす」は、『商売繁盛、家内安全』と、前日9日の『宵えびす』から10日の『本えびす』、11日の『残り福』まで、1万2千坪に及ぶ境内や、周辺にて吉兆店、露店などが約600軒連ねられ、阪神西宮駅周辺から、商店街も昨今の不景気を感じない賑わいを感じました。

9日:今年は、金曜日の宵えびす。まだ混雑もなくのんびり参拝しました。 拝殿前には、江戸時代の「逆さ門松」を復興。7メートル程の松枝が迫力! 拝殿前は、やはり混雑していました。招福大まぐろに出会うには左側から参拝
今年の招福大まぐろは2m50cm、220kgの鳥取産本マグロでした。 去年以上にお札がペタペタ。不景気を吹き飛ばしてほしいですね。 本殿前は、凄い数の参拝者でした。「商売繁盛!」えべっさんお願いします。
本殿西側を抜けると、おふだやお守りが授与されています。 今年新しく授与された「鯛みくじ」は可愛らしく人気でした。(初穂料:300円) 商売繁盛と言えば「福笹」今年は例年より多くの参拝者が授かっていました。
今年の福娘さん「不景気ですが、みなさん少しでも福が来ますように」とのこと。 吉兆店「福寿」さんにて、インタビュー。「今年は縁起物を授かる方が多いです」 一番高い縁起物は?とお聞きしましたら大きなえべっさんの額で10万円だとか。
恒例の「えべっさんの酒」の販売の所で、今年もえべっさんと記念撮影。「商売繁盛♪」すごく美味しいお酒です。 あっという間に暗くなりましたが境内はまだまだにぎやか♪露店から美味しそうな匂いが〜 そして深夜0時、赤門が閉じられましたが、普段の静かさは無く、周辺は終日賑やかです。
 10日の深夜0時には、西宮神社の全ての神門は閉ざされ、忌籠(いごもり)神事に入ります。そして今年の「開門神事福男選び」の赤門前のスタート位置のAブロック(108名)の抽選会は、例年より遅い深夜2時頃に、国道43号線側の南門前にて、行われました。今年も抽選会の雰囲気を少しレポートしました。

1:30:南門の周辺には、週末だからか、「開門神事の抽選会」のために集まった参拝者が数千人! 大阪プロレスのえべっさんと、くいしんぼう仮面も参加。残念ながら奇抜な衣装での抽選会の参加はダメでしたが。 お揃いの特製の赤い法被姿は、今年発足した「開門神事講社」の方々。抽選箱は6個になりスムーズになりそうです。
2:00:順番待ちを締め切り抽選開始。抽選に当った人は南門西側の神苑に一旦待機。今年もAブロックは108名。 昨年の二番福法被で参加の、過去5回福男に認定された吉田さん。残念ながら抽選は外れましたが今年も奇跡が? 赤い印の、当りが出たようです。今年は混乱を避けるため取材関係者に当った方へのインタビューはご遠慮とのこと。
閉ざされた赤門前には、抽選に外れた参拝者がBブロック(先着100名)で待機。早朝の開門時間を待っています。 吉田さんが、Bブロックで並ぶ参拝者を上手にまとめられてました。流石、福男スプリンター。 お月さまと、赤門。今年も無事、開門神事が行われますように。
 10日早朝5時頃、赤門前には、抽選会でくじ引きに当たり、Aブロックの順番が決まった108名、Bブロック約100名、そしてCブロック合わせ、開門神事参拝者の数は過去最高の、合計約6,000人以上集まりました。恒例の開門前の雰囲気から結果までの様子を一気にレポート!

4:00:この時点で開門神事の参拝者は、昨年の倍以上の4,000人を超えてました!まだまだ増えそうな気配です。 閉ざされた境内、赤門の中は、静かに時を待ってます。今年は全国的に雪が降っているそうで寒さも倍増でした。 注連鳥居から100mの直線距離は露店の明かりで見やすいですが、少し雨が降り石畳が濡れているのでご注意を!
本殿では、「十日戎大祭」が厳粛に行われています。 雅楽が静かに境内に響いてます。 5時:宮司による祈祷。みなさまケガのないようにお参りください。
6時:太鼓の音と共に開門!毎年そうですがこの瞬間の撮影は難しい・・・ あっという間に境内になだれ込む参拝者。この瞬間はワクワクします。 拝殿に入ってきたのは・・・ほぼ同時に近い感じです。
今年の3人の福男が認定!昨年からの黄色の「福男法被」は参拝者の憧れ♪ 境内では、恒例の「福男コール」が!この後、参拝者のみなさんにご報告。 一番福、外山さん(24)、二番福、大迫さん(28)、三番福、小藤さん(20)
福男に認定された笑顔の3人が、これから鏡開きをして参拝者に授与。 お神酒が飛び散りますので、撮影はご注意を。。。 「福」と書かれた額を掲げ、記念撮影。
おめでとうございます。
 今年の開門神事は、初参加の、外山 哲さん(24)が、見事一番福に認定されました!西宮の情報誌ゲッチュ!では、開門神事レポートも今年で5年目で、1回目の平成17年の三番福、大迫 純司郎さん(28)が、今年は二番福に認定。九州から参加の小藤 昇さん(20)は三番福で、三人の福男さんはやっぱりダントツの走りでした。今年も沢山の福をみなさんにお分けくださいね!!今回は、平成21年度の福男の三人に、えべっさんに何をお願いしたのかインタビューしてみました。

「平成21年度開門神事福男選びの結果」おめでとうございます!!

一番福:外山 哲さん
(神戸市西区)

保育士から2月に東京消防庁へ転身
昨年の三番福、奥野さんの後輩
以前、神戸FCに所属で初めての参加
二番福:大迫 純司郎さん
(西宮市)

西宮市内の介護デイサービス勤務
甲子園に出場した元高校球児
平成17年に三番福に認定
三番福:小藤 昇さん
(福岡県)

福岡大学の学生
400mハードルの選手
九州インカレで優勝経験

 まだお願いをしに行ってないので、一番福になった報告も兼ねてこれからお願いしに行こうと思います。

 不況のニュースが続きますが、健康で、笑顔の絶えない一年になりますように、とお願いしました。

 今年は不景気ですが、就職が決まりますようにとお願いしました。
 今年の十日えびす期間中は3連休も絡み、参拝者の数も例年以上の賑わいでした。今回、本殿内での取材スタッフのカメラの調子が悪く、福男認定の瞬間の写真が少ないですが、例年通り楽しく取材が出き、今年も全面ご協力頂きました西宮神社様、取材を受けて頂いた方々には、スタッフ一同感謝しております。

今年の開門神事参拝之証は、若緑色のストラップでした。 10日の十日えびす、11日の残り福も賑わい続け、今年も良い年になってほしいですね。 広報担当の堀川さん。今年も大変お世話になりました♪ありがとうございます。

インフォメーション

平成21年度十日えびす 開門神事福男(女)をゲッチュ!
◆平成二十一年一月九日(金)〜十日(土)

 【関連サイト/ゲッチュ!突撃レポート!】
平成20年度「十日えびす 開門神事 福男(女)をゲッチュ!」
平成19年度「十日えびす 開門神事 福男(女)をゲッチュ!」
平成18年度「第弐回水稀琉士亜先生と福男(女)をゲッチュ!」
平成17年度 「水稀琉士亜先生と福男(女)をゲッチュ!」

【関連サイト/ゲッチュ!取材ページ】
平成20年度「西宮神社のお正月と十日えびす大祭」
平成19年度「西宮神社の百太夫神社祭と十日えびす大祭」
平成18年度「西宮神社:西宮まつり 船渡御 かざまつり」
平成18年度「西宮神社の初詣と十日えびす大祭」
平成17年度「西宮神社の十日えびす」
平成16年度「西宮神社のえべっさん」

西宮神社 社報「西宮えびす」のホームページ
 http://www.decca-japan.com/nishinomiya_ebisu/


HOME
Copyright © 2003−2017 DECCA JAPAN All Rights Reserved.